つばめグリル

つばめグリル公式Instagram

2019.06.30

くまもとあか牛について プレミアム和風ハンブルグステーキ

7月1日(月)から新しくなる「プレミアム和風ハンブルグステーキ」

で使用しているくまもとあか牛についてご紹介致します。

ハンブルグステーキに使用している牛肉、

「くまもとあか牛」は阿蘇に代表される

熊本の広大な草原の豊かな自然の中で

育まれた良質な栄養素が含まれおり、

和牛本来の香りと味があり、赤身肉の旨味と

良質でほどよい脂肪のバランスがおいしさの特徴です。

くまもとあか牛の出荷頭数は月におおよそ50頭と大変希少ですが、

つばめグリルでは、熊本あか牛を一頭買いで仕入れ、

月に3~5頭を継続的に使用してきました。

2016年4月の熊本震災以降も

出来る限り販売量を増やしていくことで

お客様と復興支援を共有できるようにすることや

各生産者の訪問、「あか毛和牛認定農場販売促進会」に参加し
特別推奨牛や推奨牛を購入しており、

あか牛の普及、販売に取り組んで参りました。

※2018年に出荷されている

「くまもとあか牛阿蘇王」

約1019頭のうち約77頭を

つばめグリルが仕入れております

今後も熊本県の生産者の方々と協力し、
より多くのお客様に熊本食材をご提供し、継続的に
復興支援のお手伝いをさせて頂きたいと考えております。

 

※くまもとあか牛は平成30年9月27日、

熊本県内の食品として初めて地理的表示(GI)

に登録されました。

地理的表示保護制度とは
地域伝統と特性を有する農林水産物・食品のうち、

品質等の特性と産地との結び付きを特定できる名称

(地理的表示)が付されているものについて、
知的財産として国に登録することができる制度。

平成30年9月27日時点で、

全国で69の産品が登録されており、牛肉については、

「神戸ビーフ」、「特産松阪牛」、「米沢牛」、「くまもとあか牛」など、

9産品が登録されています。詳しくは、

熊本県産牛肉消費拡大推進協議会ホームページでも紹介されています。
熊本県産牛肉消費拡大推進協議会ホームページはこちら