つばめグリル

2016.04.29

ハンブルグステーキのこだわり⑤

 

 

DSC_1712つばめグリルのハンブルグステーキのこだわり。
セントラルキッチンでの取り組みについて前回に続きご紹介します。
前回から期間が空いてしまいました・・・
これまでのこだわりについてのご紹介はこちらをご参照ください。

 

・ハンブルグステーキのこだわり①

・こだわり②

こだわり③

こだわり④

 

大きな塊肉の状態から6~8cm角にカットされた肉を混ぜる作業「ブレンド」をします。
肉の味は個体差や各部位によって差が出ます。
各店舗に納品された肉質が各個体、部位により差が出ないように
複数頭の肉を混ぜるこのブレンドという作業を行い、
肉の味の均一化を図っています。

 

 

kodawari5-1
翌朝その肉が各店舗に真空パックの状態で届きます。
肉の鮮度を保つためにハンブルグステーキの挽肉を作るのは各店舗で行います。
肉を挽肉にすると鮮度が急速に劣化し、味が落ちてしまうからです。
そのため、店舗で挽肉にしやすい大きさにカットするところまでが

セントラルキッチンの仕事です。