つばめグリル

2015.07.22

高原キャベツを使用しています

先日、群馬県の吾妻郡にある、 JAあがつまを訪問しました。
当社つばめグリルのロールキャベツ等で
使用しているキャベツが、今月から9月末頃まで
こちらの吾妻産のキャベツになっております。
嬬恋キャベツ1.png
吾妻郡は群馬県の北西部に位置し、地域のほとんどが標高500m以上の高地で、
特に南部は1000mを越える地域が多く、
冷涼な気候を活かした高原野菜の栽培が盛んで、写真のように
一面にキャベツ畑が広がっています。
嬬恋キャベツ2.png
高原野菜とは、一般的に標高1000m前後の高地で栽培される野菜のことで
キャベツ、白菜、レタス等が豊富に生産されています。
高冷地では、昼夜の温度差、霧などによる湿気等により、
平坦な暖地の作物と比較すると甘みと柔らかさが生まれることが特徴です。
高原育ちのおいしさが詰まったキャベツでつくったこだわりのロールキャベツを
ぜひお試しください。